究極の目感度を目指して、穂先がわずかなアタリさえも最も大きく表現する角度と、その際のオモリ号数を分析。「ターゲットシンカーコンセプト」とダイワが名付けた新しい考え方のもと、新たに世に送り出すライトゲームロッドの新機軸、それが新生「極鋭ゲーム」。ターゲットシンカーを設定した穂先に対し、元にかけてパワーアップし、操作性を高めたまったく新しい調子設定。目感度が抜群であることはもちろん、パワーのある魚や操作性を重視する釣りでも快適な調子を追求しており、またブランクには「X45」と「V-ジョイント」(150を除く)を採用し、しなやかでブレのない的確なロッドコントロールが可能となっている。

東京2020オフィシャルオンラインショップ
夢への補助輪

ページトップへ